住宅に加入する保険の種類について

土地や住宅は、不動産の代表的存在です。
不動産を購入するためには、それ相当の資金も必要ですが、所有後には維持費が掛かることも知っておきたいですよね。
住宅を建てたときがベストの状態で、築年数の経過にともない劣化が生じるため、修繕が必要になってきます。
そのためには、計画的な資金準備をしておきたいものです。
また、火災などに備えて「火災保険」に加入することが大切です。
火災保険に入ると、落雷や風災、水災などの自然災害、水漏れや盗難などをカバーすることが可能です。
火災保険に付帯する形で加入するものが「家財保険」です。
こちらを付けることで、家財道具などの災害に備えることができます。
ちなみに、賃貸住宅入居者を対象にした保険も「家財保険」で、賃貸契約にともない加入が義務付けられることが少なくありません。
「地震保険」のニーズも高まっています。
こちらは火災保険をベースにして、別途加入する仕組みになっています。
このように、不動産の有無に関わらず、いろいろな費用が掛かってきますよね。
なお、地震保険は年末調査や確定申告で控除対象になるため、該当する人は忘れないようにしましょう。
賃貸住宅入居者向けの保険に地震保険が付いている場合も、控除対象になります。