確定申告に強い税理士さんっているの?

確定申告の時期になると、悩みが一気に増すという方も少なくないでしょう。
税金の支払いも心配ですが、さらに金額もどれくらいになるのか、ちょっと恐いというような方もいるでしょう。
もちろん大きな会社になれば、税金の額に怯える必要などないでしょうが、中小企業にとっては、非常に大きな出来事になります。
ですから法律に則った方法で、少しでも支払う税金の額を減らすことができれば、本当に良いですよね。
ではどんな方法で税金を減らすことができるのでしょうか?
最も簡単な方法は、確定申告に強い税理士さんを見つけることです。
特におすすめできるのは、確定申告のキャンペーンをやっているような税理士事務所です。
こうした事務所は、1番の書き入れ時として「確定申告」の時期を見ているので、たくさんの仕事を集めています。
もちろんたくさんの仕事が集まって、仕事が雑になってしまうなら、大きな問題になるでしょう。
しかしこうした税理士事務所は、確定申告のエキスパートともいえるほどの仕事量を行なっているため、かなりの経験を持っています。
ですからこうした税理士さんを試しで利用してみるのも良い方法でしょう。

税理士に問い合わせする際の準備

税理士を探す方法には電話・インターネットで自分で検索する方法、知人からの紹介、税理士紹介サービスを利用する方法がありますが、税理士を顧問契約を結ぶと長い付き合いになるので、自分にあった税理士を選ぶ必要があります。
税理士を探す方法が決まったら税理士に問い合わせする事になりますが、その時に準備しておきたいことがあります。
まずはどのような業種なのか、売上規模はいくらぐらいか、どのくらの予算に抑えたいのか、税理士にお願いしたい事(記帳代行、融資のサポート、節税対策の提案、経営のコンサルティング)を準備しておきましょう。
また初めて税理士を探す場合にはいつから税理士に依頼したいのか、税理士を依頼しようとおもったきっかけで、面談する際には決算書を用意してください。
税理士を変更する場合には変更を考えた理由、変更する場合にはいつから、面談をする際には過去3期程度の決算書があるといいですよ。
会社を設立した場合・設立する予定がある場合には、いつ会社を設立したのか、設立する予定なのか、設立後に税務署へ書類を出したのか、税理士に設立の手続きもやってもらえるのか確認しておきましょう。
面談する際には事業計画書、登記簿謄本、定款を用意しておくといいですよ。

住宅に加入する保険の種類について

土地や住宅は、不動産の代表的存在です。
不動産を購入するためには、それ相当の資金も必要ですが、所有後には維持費が掛かることも知っておきたいですよね。
住宅を建てたときがベストの状態で、築年数の経過にともない劣化が生じるため、修繕が必要になってきます。
そのためには、計画的な資金準備をしておきたいものです。
また、火災などに備えて「火災保険」に加入することが大切です。
火災保険に入ると、落雷や風災、水災などの自然災害、水漏れや盗難などをカバーすることが可能です。
火災保険に付帯する形で加入するものが「家財保険」です。
こちらを付けることで、家財道具などの災害に備えることができます。
ちなみに、賃貸住宅入居者を対象にした保険も「家財保険」で、賃貸契約にともない加入が義務付けられることが少なくありません。
「地震保険」のニーズも高まっています。
こちらは火災保険をベースにして、別途加入する仕組みになっています。
このように、不動産の有無に関わらず、いろいろな費用が掛かってきますよね。
なお、地震保険は年末調査や確定申告で控除対象になるため、該当する人は忘れないようにしましょう。
賃貸住宅入居者向けの保険に地震保険が付いている場合も、控除対象になります。

美容院代の節約にはいろいろな方法がある

家計を預かっている人はもちろん、独身者のなかにも、オシャレに掛けるお金を節約したい人はいるでしょう。
美容院代もそのひとつ。
カットは身近な施術ですが、美容院によっても料金が異なります。
また、カットの頻度はヘアスタイルによりけりですが、ショートの場合は、ロングよりも頻繁に行う必要があるかもしれませんね。
髪の毛を自分で切る方法もありますが、ヘアスタイルによっては難しいでしょう。
切る前に髪の毛を濡らすとまとめやすいですが、それでも後ろ髪を切るのにはコツが入りますよね。
このような理由から、美容院へ行ったほうがよいと思われます。
美容院代を節約するのなら、激安店を探す方法があります。
また、ロングヘアにすることにより、美容院へ行く頻度を減らすことができます。
髪の毛を切らずに、ヘアゴムなどを使って自分でアレンジしてもよいでしょう。
ただし、どのような節約方法を実践するにしても、髪の毛にダメージを与えないように注意が必要です。
ヘアケアが十分できているかどうかは、年齢を重ねてくるとわかると言われています。
ずっと、よい状態を保つためにも、正しくケアすることをおすすめします。

鍼治療で体のバランスが整うの?

最近、料理にハマっています。
それも時短とか簡単とかじゃない、手間暇かけた手の込んだ料理です。
ミートローフと塊肉の塩釜焼とか、おもてなし料理みたいなものですね。
なんか作ると達成感があって、没頭できるんです。

でも、一人暮らしなので困るのは後処理。
一人で全部食べ切るのは無理だから、友人を招いたり実家に持って行ったりしています。
でも、実家に行くと「料理に凝るもの良いけど、食べさせる相手もいないの?」ってチクリチクリ言われるんですよね。
まだ、結婚しないのかってことを遠回しに嫌味で言われるのが痛いです。

あと、私が異常な冷え性なのを母がこれまた異常なほど心配しています。
冷え性の女性は妊娠しにくいとかなんとか聞いたそうで、焦ってるようです。
いやいや、妊娠の前に結婚もまださし、そもそも相手もさっぱりいないし(笑)

「鍼治療してみたら?」なんて言われて、ちょっと唐突でビックリです。
鍼って体のバランスを整えるらしくって、代謝もよくなり冷え性も改善されるんだとか。

確かに冷え性は辛いけど、いきなり鍼治療って言うのも少し抵抗があります。
母はどこかのうけうりだろうから、自分でもっとちゃんと調べてみないとね~。

留学に必要な費用や調達方法は

自分の見聞を広げるためには、いろいろな体験を積むことが大切です。
そのためには、思い切って留学するとよいかもしれませんね。
ただし、留学に際しては、その期間中の費用を確保する必要があります。
どれくらいの費用が掛かるのかは留学先で異なるほか、留学期間によって左右されることを知っておきましょう。
単純に考えると、留学期間が短いよりは長いほうが高くつきます。
しかし、期間が短くても、かなりの費用が掛かるとの覚悟が必要です。
留学費用のなかで大きなウエイトを占めるのは、やはり、留学先での学費や生活費です。
もちろん、往復に要する航空機代金も掛かります。
海外留学保険への加入も欠かせません。
こちらは、海外の高額な治療費などをカバーするためにも、きちんと入っておきましょう。
留学に際して、資金の調達方法がネックになる場合も少なくありません。
社会人の場合は毎月の収入が期待されるため、そのなかから優先的に貯金するとよいでしょう。
そのためには、日々の支出を見直すことも大切ですよね。
なお、留学中のアルバイトが可能かどうかも気になるところです。
こちらは、国によっても異なるため、きちんと確かめることをおすすめします。

不動産をみにいく

友達が一人暮らしをするので、一緒に物件探しにいくことにした。
すごく、お金持ちの家で、その暮らしから、抜けて、自分で生きていかないとだめだなと思い始めたらしい。
仕事は、OLをしていて、給料がそれほどいいとはいえないが、一人暮らしをして、自分で歩いて生きたいと思ったのがきっかけといっていた。
不動産にいったときも、それほど広くない部屋を選んでいて、家賃も高くないところにしていた。
一人暮らしをするのは、勇気がいることだと私は思っている。
家事を全て一人でこなさないといけない。
私は、実家暮らしなので、母がやってくれている。
それがどれだけありがたいことかと思った。
不動産の人もこっちにでてきて3年になるらしいが、たまに実家が恋しいといっていた。
不動産をしていると、いろいろなお客様に出会うらしい。
確かに家を探している人は、たくさんいるはずだ。
感謝されるたびに、頑張ろうと思えるらしく、ホームシックも和らぐといっていた。
一人暮らしをすると、いろいろなことが身につくような気がしてきたのだ。
自分も一人暮らしを考えてみようかなと思った。

歯ってここまで白く出来るんだなぁ~!

職場で最近ほかの支店から異動してきた子、すごく可愛らしいんです。
童顔で、私はてっきり二十代前半の新人かと思ってたら私と同期の32歳でした。
同期入社は30人くらいいたんで、全く覚えてないなぁ…

だけど、彼女は私のこと覚えてたみたいです。
新人研修の時、オリエンテーションの時に私が披露した物まねを覚えていたそうで…
まぁ、私はそういうキャラなんです(笑)

その時の写真をこないだ見せてくれました。
顔とかそんなに変わっていないけど、なんか違うなって思ったら「歯」でした。
今の彼女は歯が真っ白で歯磨き粉のCMに出れそうなくらい爽やかです。
この歯の白さが彼女をさらに可愛く特別に見せてる気がします。

どんだけ歯磨きしたんだ!と思ったら、歯医者でホワイトニングをしたそうです。
私の通ってる歯医者でもホワイトニングのポスターみたいなの貼ってるけど、それってこんなに効果あるんですね。
単に歯を掃除するだけかと思ってたけど、ここまで白く出来るなんて驚きだなぁ!
私もホワイトニングで歯を白くしたら、このお笑いキャラから脱却できるか!?
いやそれは、歯の色とは関係ないかな(笑)

治療院というと…

治療院と聞けば、やはり鍼灸治療が主になってくることでしょう。
でも見た目には鍼は痛そうだし、お灸は熱そうだというのが本音です。
だから、鍼灸の治療院だけは確実に避けたいところとなると思います。

まあ治療院のなかでどんな感じに行われているかというのは見れるものでもありません。
ただ、治療院では見れずとも、テレビで見れば治療院というものを見やすいのではないでしょうか。
全然痛そうにもしていなければ、熱そうにもしていないのが治療院だとわかります。

むしろ眠るぐらいに心地良さそうな感じさえ与えてくれているというものといえそうです。
入る時から構えて、治療に入る時も身構える所、そんな怖く思わなくてもいいのでしょう。
治療院は治療といえども、静かにリラックスしに行くという感じで行きましょう。

そんな考えでいくと、治療院というものに行ってみたくなってくるものです。
また、今まで病院に行っていたのが手短に治療院ですむようになることもあるかもしれません。
今時では、なかなか治療院も見つけにくくなっているかもしれませんが、鍼灸、どこかにはあるでしょう。

治療院に行くなら整体院

肩こり、腰痛など体に不調があると治療院に行ってみようかと思いますが、整形外科、整骨院、整体院などがあるので、どこに行こうか迷いますよね。
私がぎっくり腰で行ったのは整形外科で、レントゲン撮って湿布もらって終わりでした。
これが普通みたいですが、医者に見てもらえるという安心感がありますよね。
でも今度、治療院に行く時には整体院に行ってみようかと思っています。
整体院には国家資格がある人だけではなく民間資格でも働く事ができるので、色々な資格を持った人がいます。
また整体にはカイロプラクティック、中国整体、気功整体、オステオパシーなどの施術方法があり、体の一部分だけではなく全身を診てくれます。
保険を使う事ができませんが、一回の治療に対する本気度が高く、保険治療では良くならなかった症状が良くなることもあります。

整体院は数週間しか勉強していないで現場に出てしまう人や、民事資格だけでは心配なので整体院を避けている人もいますが、民間資格者でもいい先生はたくさんいます。
どんないい治療院があっても自分に合う治療法や自分に合う先生に巡り会えるかが大切なんだと思います。